3367 レゴ シティ スペースシャトル

3367 レゴ シティ スペースシャトル

3367 レゴ シティ スペースシャトル

レゴ シティ スペースシャトル 3367
アマゾン詳細ページ
このセットをみんなで評価!
12345 (2投票,平均値:2.50)
製品番号 3367
分類1 シティ/日常
分類2 宇宙
発売年 2011
発売時価格
発売時価格帯
ピース数 231
ミニフィグ数 1
推奨対象年齢 5歳以上
組立説明書(pdf) 1

完成イメージ

  • 3367 レゴ シティ スペースシャトル
  • 3367 レゴ シティ スペースシャトル
  • 3367 レゴ シティ スペースシャトル
  • 3367 レゴ シティ スペースシャトル
  • 3367 レゴ シティ スペースシャトル
  • 3367 レゴ シティ スペースシャトル
  • 3367 レゴ シティ スペースシャトル
  • 3367 レゴ シティ スペースシャトル

LEGO  製品情報

ミニフィグ

ミニフィグは宇宙飛行士が付属。ヘルメットは操縦時にかぶるノーマルタイプと宇宙空間での作業用ヘルメットが入っています。このシリーズに入っている宇宙空間用ヘルメットかなり好きです。

スペースシャトル

このスペースシャトルはよくできていると思う。10213に比べると小型ですが仕掛けが多くておもしろい。前輪タイヤは回転してちゃんと方向を変えられます。

操縦席は一体成型の機首パネルをパカっとはずすと現れます。定員は一人で計器コンソールがついています。マグカップも付属していますが、実際のスペースシャトルの操縦席ってドリンクホルダーとかあるんでしょうか。帰りの水平飛行時にはコーヒーとか飲むの?

翼のフラップが上下に動きます。本物の飛行機みたいでかなりいいです。機体最後尾のエンジンもかなりリアルなデザイン。火が吹き出ている様子を再現した赤いブロックもよい。エンジン脇のドーム状部品はヒンジ可動します。

シャトル内部にはアームと人工衛星を収納

このシャトルの最も面白い仕掛けは背面がヒンジでパカっと開いて、中に入っているアームで遊べるところでしょう。

この収納室は、ソーラーパネルを折りたたんだ人工衛星と作業用ヘルメットを入れた状態で、アームも倒してちゃんとシャトルのフタがしまります。アームには人工衛星を取り付けることができます。これはおもしろい!子供が好きそうな仕掛けです。

昨年発売された10213は燃料ブースターが付いている大型セットでしたが、この3367スペースシャトルはピース数も少ないし、遊べる要素が多く価格も安いので、子供に買うなら絶対に3367がおすすめです。

下のボタンから各ショップの価格をチェックできます

レゴ シティ スペースシャトル 3367

シティ・日常系カテゴリの最新記事