8096 レゴ パルパティーン皇帝のシャトル

8096 レゴ パルパティーン皇帝のシャトル

このセットをみんなで評価!

平均値 0 / 5. 投票数 0

製品番号
分類1
分類2
発売年
発売時価格
発売時価格帯
ピース数
ミニフィグ数
推奨対象年齢
組立説明書(pdf)

完成イメージ

LEGO  製品情報

オビワンに敗れたアナキンを回収しに来たパルパティーンのシャトル。

ミニフィグ:傷ついたアナキンが泣ける

付属するミニフィグはパルパティーン、アナキン、メディカルドロイド、パイロットの4体。重症を負ったアナキンのミニフィグがレアアイテム。

アナキンはダースベーダーのヘルメットを被り、重症仕様の印刷になっています。アナキンがヘルメットだけ被って行動するシーンはなかったので、このデザインは少し違和感ある。このシャトルにはアナキンにヘルメットを被せる仕掛けがあるので、遊ぶとしたら治療の途中ということなのかも。

パルパティーンはデススターについているのと同じミニフィグ。不気味な顔のプリントとフード、マントがよくできています。メディカルドロイドとパイロットはおそらくこのセットだけに付属。メディカルドロイドは光沢もあり、普通の兵士ドロイドミニフィグより高級感があって貴重品。パイロットのヘルメットもよくできています。

シャトル本体

サイズも大きく、細部にもこだわったデザインで遊べる度も高い。天井部分が丸ごと簡単に取り外せるので内部へのアクセスも簡単。内部にはアナキンの治療台、二人分のシート、ライトセーバースタンド2本分があります。

一番の仕掛けはアナキンにヘルメットをかぶせる仕掛け

本体後部に突き出ている棒が内部につながっていて、そこにヘルメットを載せます。すぐ隣の治療台にアナキンを寝かせて、ヘルメットの棒を押すとちょうどアナキンの頭にヘルメットが被せられるようにできています。そして治療台は可動式なので、その勢いでダースベーダー化したアナキンが立ち上がる。

映画の中では飛行機内部で行われた処置ではなかったと思いますが、よくこのシーンを再現する気になったと、レゴのデザインチームに感心します。

シャトル外部

翼は可動式で上下に移動可能。大きくて迫力のある翼です。操縦席キャノピーはヒンジでオープンし、中にパイロットを座らせることができます。シャトル後部のマシンガンは上下左右可動式であらゆる方向の相手に対応可能です。着陸のための足部分は伸縮式なので、着陸時は伸ばして、飛行時は縮めておきます。

まとめ

サイズが大きいのもあり、デザインがしっかりしている印象。内部の仕掛けもおもしろいし、内部へのアクセスも簡単にできる点が高評価。アナキンの負傷ミニフィグが貴重です。機体中央のタテの翼を持つと持ち運びが楽です。

各ショップの価格をチェック