7498 レゴ ポリスステーション

7498 レゴ ポリスステーション

7498 レゴ ポリスステーション

レゴ シティ ポリスステーション 7498
アマゾン詳細ページ
このセットをみんなで評価!
12345 (9投票,平均値:2.78)
製品番号 7498
分類1 シティ/日常
分類2 警察
発売年 2011
発売時価格
発売時価格帯
ピース数 783
ミニフィグ数 6
推奨対象年齢 6歳以上
組立説明書(pdf) 1 2 3 4

完成イメージ

  • 7498 レゴ ポリスステーション
  • 7498 レゴ ポリスステーション
  • 7498 レゴ ポリスステーション
  • 7498 レゴ ポリスステーション
  • 7498 レゴ ポリスステーション
  • 7498 レゴ ポリスステーション
  • 7498 レゴ ポリスステーション
  • 7498 レゴ ポリスステーション
  • 7498 レゴ ポリスステーション

レゴセットレビュー(発売前の場合はプレビュー)

警察署セットの2011年リニューアル版。前作に比べ建物が四角くシンプルなデザインになりオフィス棟内部が広々している。白バイがなくなって自転車が付属した。交番じゃないんだから白バイでいいじゃんと思うがたまには自転車というのもおもしろいかも。

ミニフィグ

ミニフィグは泥棒が2体と警察官が4体。警察官は1体がワイシャツ、1体が婦警、2体が通常の制服を着た警察官。泥棒2体はすでにシマシマの囚人服を着ているが、2体とも余裕の笑顔。一人はグレーの上着を着ている。警察犬は従来品より少し細身で顔プリント付の2011年仕様。

警察車両

車両2台はパトカーと護送車と思われる。パトカーは目だった特長はなし。ミニフィグを乗せる時は屋根をはずしてのせよう。

護送車はドアがある。屋根にははしごがついていて車両後部はヒンジで上に扉が開く。ミニフィグを乗せるにはかなり狭いが、つっこめば何とか乗るので泥棒を乗せよう。

警察署建物

左半分には車庫と牢屋、右半分は事務所棟になっている。車庫は上に開くスライド式の扉で車両を入れておくことができる。

牢屋の仕掛けがおもしろい

2階の牢屋は扉がスライド式になっている。正面階段の裏側から牢屋の扉がひっぱれるので、そこでスライドさせて開け閉めする。

もうひとつの仕掛けは、洗面台が取り付けられている壁が、くるっと外側に回転して開く。これは泥棒が脱獄する演出で、アイディアがおもしろい。内側の牢屋は逃げ出すと1階がちょうど警察犬のスペースになっている。うまく逃げられるだろうか?

事務所棟

1階はスクリーンと回転いすが取り付けられているので休憩室か会議室だろう。2階は逮捕者の写真を撮るために壁に目盛りがついており作業部屋になっている。3階はデスクとミネラルウォーターマシンがあるが休憩所ではなく鑑識課のように見える。

事務所棟の屋上には大きくHと書かれたヘリポートがある。ヘリコプターはこのセットにはついていない。

感想まとめ

2011年にリニューアルされる警察シリーズのメインセットとなる警察署。他の警察シリーズを買っても警察署があった方が落ち着くのである程度シティシリーズを揃えて町を作りたい方は警察署はあった方がいいと思う。

下のボタンから各ショップの価格をチェックできます

レゴ シティ ポリスステーション 7498

シティ・日常系カテゴリの最新記事