4738 レゴ ハグリッドの小屋(ハリー・ポッター)

4738 レゴ ハグリッドの小屋(ハリー・ポッター)

このセットをみんなで評価!

平均値 0 / 5. 投票数 0

製品番号
分類1
分類2
発売年
発売時価格
発売時価格帯
ピース数
ミニフィグ数
推奨対象年齢
組立説明書(pdf)

完成イメージ

LEGO  製品情報

ミニフィグとアラゴグ

頭は4体すべて両面プリント。ハグリッドのみサイズが大きく迫力があり印刷も細かい。アクセサリーは傘とクロスボー。体と足はひとつのピースになっているので足が動きませんが、このセットのみ付属しているレアミニフィグだと思います。ハリー、ロン、ハーマイオニーは普通のミニフィグです。

アラゴグは足先のパーツが刀になっています。デザイン的には前作よりも洗練され、リアルになっている。後ろの腹の部分はステッカーではなく印刷ですが、本物の蜘蛛を想像してしまうぐらいの精度。

ハグリッドの小屋外観

この小屋はヒンジで半分ずつ開き、内部にも簡単にアクセスできるようになっています。遊ぶ時のことを考えたデザインになっています。

鍵をドアにさしてまわすとドアが開くようになっているのがおもしろい。今まであまり見られなかった仕掛けです。

小屋の周りを飾っているきのことパンプキンヘッドも、よくデザインされたかわいいアイテムです。特にきのこはもっとたくさん入れて欲しかったです。ハロウィン用のかざりとしてもいいセット。

キッチンスペースにはライトブロック

小屋の内部はキッチンスペースとダイニングスペースにわかれています。キッチンスペースには大鍋があり、外にあるスイッチを押すと赤く光って料理の火がともるようにできています。このライトブロックの使い方はいいアイディアですね。

ダイニングスペースにはテーブルがあり、その上には大きなお皿を置かれている。横にあるベンチをはずすと隠しスペースが出てきて、宝石を入れておくことができる。

まとめ

小屋内部にはチキンや魚など小さいアクセサリーがほかにもいろいろあり、開くことでアクセスも簡単なので遊びやすくデザインされたいいセットです。前作は全体的につるっとした印象だったが、今回は建物っぽくなり、デザイン的には洗練されたと思います。

各ショップの価格をチェック