10217 レゴ ダイアゴン横丁(ハリー・ポッター)

10217 レゴ ダイアゴン横丁(ハリー・ポッター)

このセットをみんなで評価!

平均値 0 / 5. 投票数 0

製品番号
分類1
分類2
発売年
発売時価格
発売時価格帯
ピース数
ミニフィグ数
推奨対象年齢
組立説明書(pdf)

完成イメージ

LEGO  製品情報

ミニフィグとアクセサリー

ミニフィグが11体付属していてかなり豪華(ハリー、ロン、ハーマイオニー、ハグリッド、フレッド&ジョージ・ウィーズリー、ゴブリン2体、オリバンダー、マルフォイ、フェンリル・グレイバック)。顔はほぼ全部両面印刷。

デザインもカラーリングもキャラクターチョイスもかなり優秀だがゴブリンの顔に印刷がまったくないのが唯一残念なところ。次回は印刷入れてほしい。高級セットなんだからそこは手抜きしないでくれと思う。

ボージンアンドバークス Borgin and Burkes

ウィンドウや扉は石造りの古い建物の雰囲気がよく出ておりテントの丸みや3階部分のアーチもきれいなカーブ。アーチはヒンジオープン式。壁を這うツタも再現されている。

建物正面左側にあるファイヤープレイスは回転式で、ここに入っていなくなった演出がなされる。クローゼットのドアは開閉式。

オリバンダー杖店 Ollivanders

出窓がたくさんついている三角屋根のおしゃれな建物。

裏から見ると吹き抜けになっている。はしごで上まで登って商品を陳列する感じ。

この建物の仕掛けはオリバンダーが座っている机の横のスイッチ。これを押すと机が天板ごと吹き飛ぶ。

グリンゴッツ魔法銀行 Gringotts Wizarding Bank

扉が大きく太い柱も備えた重厚な建物。天窓はヒンジ上下稼動式。

建物内部の作りはデスクと金庫があるがかなりシンプル、上部についているシャンデリアはあなかなかよくできている。金庫の扉は開閉式で中に金貨を入れておくことができる。建物の横部分は可動式で後ろ側に折りたたむことが可能。

かなりのボリュームがあるセット。子供一人だと飽きそうなので親子で一緒に作ると良いだろう。

各ショップの価格をチェック