21315 飛び出すしかけ絵本(レゴ アイデア)

21315 飛び出すしかけ絵本(レゴ アイデア)

21315 飛び出すしかけ絵本(レゴ アイデア)

21315 飛び出すしかけ絵本(レゴ アイデア)
アマゾン詳細ページ
このセットをみんなで評価!
12345 (27投票,平均値:3.07)
製品番号 21315
分類1 アイデア
分類2 その他
発売年 2018
発売時価格 $69.99
発売時価格帯 5000円~1万円
ピース数 859
ミニフィグ数 4
推奨対象年齢 12歳以上
組立説明書(pdf) (1)

完成イメージ

LEGO 21315 製品情報

21315 Pop-Up Book

ファンからデザインを公募するアイデアシリーズのセット。開くと中に折りたたまれていたレゴの組み立て品が飛び出す「飛び出すしかけ絵本」。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す本(アイデア)

飛び出す動きはかなりスムーズ。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す絵本(アイデア)

21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す絵本(アイデア)

発売は米英ではレゴ公式ストア限定で2018年11月1日から。日本でも11月1日からレゴストアで販売開始。

高級感の増した飛び出すしかけ絵本

21315飛び出すしかけ絵本(ポップアップブック)はデザイン段階では白い装丁だったが製品版では深緑になって高級感が増した。表紙の文字はブロック組み立て文字ではなく大きな印刷パネル。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す本(アイデア)

本の中身は「赤ずきんちゃん」と「ジャックと豆の木」の二種類で、別々に組み立ててどちらか一方を本にはめ込む。

絵本の中身1:赤ずきんちゃん

赤ずきんちゃんの中身はおばあさんの家で、いかにも童話に出てきそうなかわいらしい建物。建物は表面部分だけ(ファサード)。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す本(アイデア)

家の中にはベッドとテーブル。ベッドには狼のミニフィギュアを寝かせることができる。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す本(アイデア)

赤ずきんてどんな話だっけ?

絵本の中身2:ジャックと豆の木

ジャックと豆の木の中身はマイクロフィグサイズ作られている。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す絵本(アイデア)

その内容は赤ずきんのようなひとつの建物ではなく、緑の丘とふわふわの白い雲を再現した風景である。村の建物は小さなブロック。もちろん豆の木もあってその上には城が建てられている。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す本(アイデア)

巨人がミニフィギュアサイズなのでジャックはトロフィー用のマイクロフィグである。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す本(アイデア)

ジャックと豆の木ってどんな話だっけ?
ミニフィギュアとアクセサリー

ミニフィギュアは赤ずきん、おばあさん、狼、ジャックと豆の木の巨人の四体。あとマイクロフィギュアのジャック。ミニフィギュアとマイクロフィギュアは全部このセットの限定品。
21315 レゴ ポップアップブック:飛び出す本(アイデア)

レゴ公式動画で確認
感想まとめ

中身が二種類あり入れ替えも簡単。どちらも文句なしに有名な童話なので日本の子供も楽しめるセットだと思う。

アイデアシリーズは版権物が主流なので、この飛び出す本のようなオリジナル作品は応援したくなる。

飛び出す絵本はデザイン段階では売れそうには思えなかったが、製品版はだいぶ高級感が増したから意外と売れるかも。

下のボタンから各ショップの価格をチェックできます

21315 飛び出すしかけ絵本(レゴ アイデア)

その他カテゴリの最新記事