自分のデザインが製品になる!レゴ・アイデアとはどんな企画なのか?【コラム】


自分のデザインが製品になる!レゴ・アイデアってどんな企画?

レゴ・アイデアとはファンのデザインを製品化する企画である。

ファンのアイディアを製品化する企画

レゴ・アイデアは元々クーソーという日本発の企画で、消費者起点の商品開発支援を行う空想生活(現・Cuusoo)とレゴ社の共同企画として2008年11月にウェブサイトが立ち上げられた。

このような経緯からクーソー企画最初の二作品は日本関連の製品となった。その製品とは21100潜水艦しんかい650021101人工衛星はやぶさである。

その後クーソーはレゴの正式企画となり、2014年の4月30日に企画名がクーソーからレゴ・アイデア(LEGO IDEAS)に変更され現在に至る。

製品化までの道のり

ユーザーはレゴアイデアサイトでオリジナルデザインを公開。1万以上のサポート(票)を獲得すると、年に三回行われる製品化検討レビューの対象となる。

レビューでは毎回10作品ほどが扱われるが、製品化が決定するのはせいぜい1作品。該当作品なしの場合もある。デザイナーは製品化すると売り上げの1%をデザイン料として受け取ることができる。

ちなみにアイデア製品では売れた部類に入る(と思われる)バックトゥザフューチャーのデロリアンはデザイナーが日本人である。

応募デザインの条件

既にレゴから発売されているスターウォーズやマーベル・スーパーヒーローなど、既存シリーズのデザイン応募は認められていない。例えばスターウォーズでまだ製品化されていない機体があったとしても、それをデザインして応募することはできない。

さらに応募デザインの内容はレゴのブランドに合ったものでなければならない。政治的、宗教的、暴力的、性的な内容を含むデザインや戦争関連のデザインは応募不可。

以前はレゴの主要客層である6歳から11歳の子供が楽しめるデザインであることも条件だったが、最近の製品を見るとこの条件はなくなったようだ。実際に21311ヴォルトロンは推奨対象年齢が16歳以上。

スポンサーリンク

2018年9月現在レビューが行われているデザイン

今現在も2018年の第一回と第二回の製品化検討レビューが行われている。対象デザインはそれぞれ10作品。

»First 2018 LEGO Ideas Review
(1)エンブラエルA-29(飛行機)、(2)SR-71Aブラックバード(飛行機)、(3)ツリーハウス(オリジナル)、(4)スティッチ(ディズニー)、(5)モジュラー・アーケード(建物:オリジナル)、(6)アメリア・イアハート(アメリカの飛行士と飛行機セット)、(7)ミステリー・サイエンス・シアター3000(アメリカの昔のテレビ番組)、(8)アクラメイター級アサルト・シップ(スターウォーズの船)、(9)フリントストーン(アニメ)、(10)BMW R60/2(BMWのバイク)

自分のデザインが製品になる!レゴ・アイデアってどんな企画?
スターウォーズは規約変更前の応募だと思われる。SR-71Aは一般的には軍用機なので製品化はないだろう。ツリーハウスが一番独創的だが製品化されるかどうかは微妙。

2018年10月5日追記:第一回レビューではツリーハウスとフリントストーンの二作品の製品化が決定。

»Second 2018 LEGO Ideas Review
(1)スペースX・ファルコンヘビー(ロケット)、(2)ISS(宇宙ステーション)、(3)スペースX・アルティメットコレクション(スペースX関連の複数モデルセット)、(4)蒸気船ウィリー(ミッキーマウス映画)、(5)M&M’sチョコレートディスペンサー(M&Msチョコが出てくる装置)、(6)ロールスロイス・ウルトラファン(RRの航空機エンジン)、(7)プジョー・205ターボ16(自動車とレース風景のセット)、(8)フィアット500F(多分ルパンが乗ってる車)、(9)フレンズのセントラルパークコーヒー(アメリカの昔のTVドラマ)、(10)メキシコ・シティ(アーキテクチャー風建物セット)。

自分のデザインが製品になる!レゴ・アイデアってどんな企画?
2018年第二回レビューにはオリジナルデザインがひとつもない。アーキテクチャー風のメキシコシティもレゴですでに計画があるかもしれないから、ファンがデザインを応募するような内容じゃないと思う。

感想まとめ

レゴアイデアはユーザーがオリジナルデザインの製品化を目指す企画だが、そのほとんどがアニメ、映画、テレビドラマ、NASA、実在の車や飛行機などの「版権物」である。

版権物ではない完全オリジナル作品は、アイデア製品全22個のうち21109エグゾスーツ21110科学者の研究所21301世界の鳥21305迷路21310釣具屋21313シップ・イン・ボトルの六個のみ。あと次に製品化が決定している飛び出す本。

個人的にアイデアは完全オリジナル作品を応援したくなるのだが、デザインを見てると確かに版権物の方が売れそうな気がする。特にマインクラフトは最初のアイデア製品以降シリーズ化され、新製品が大量に発売されているからかなり売れているのだと思う。

でも最新のデザインリストを見ると意外とオリジナル作品が多い。デザイン案のある人はどしどし応募しよう!

クーソー・アイデア歴代作品まとめ公式動画(2018年10月現在)

スポンサーリンク

この記事を評価する:
(1投票,平均値/最大値:5.00/5)
Loading...

あわせて読みたい

コメントを残す