ブガッティ・シロンのレゴ実物大モデル登場!しかも走る!

今度のブガッティ・シロンはすごい!

つい最近テクニックシリーズからかなり精巧な42083ブガッティ・シロンが発売されたが、なんと次はレゴで作った実物大のブガッティ・シロンが登場!

実車と比べても遜色のない出来栄え。ちょっと距離を取って見たらどっちが本物かわからなくなりそう。
ブガッティ・シロンの実物大モデル登場!しかも走る!

近くで見るとテクニックパーツを大量に組み込んで作られているのがわかる。
ブガッティ・シロンの実物大モデル登場!しかも走る!

スポンサーリンク

動く機能も満載

スピードは時速約30キロで実際に走行可能。スピードメーター、リヤスポイラー、ハンドル、フロントとテールのライトは可動式。写真内のドライバーはミニフィグではなく本物の人間。
ブガッティ・シロンのレゴ実物大モデル登場!しかも走る!

ピース数は100万以上。金属製フレームで支えられているが接着剤は未使用。エンジンには2304個のパワーファンクションモーターと4032個のテクニックギアを使用。
ブガッティ・シロンの実物大モデル登場!しかも走る!

総作業時間は13,000時間以上。一日12時間作業だとしても約3年。まあデザイン作業なども含まれているのだろうが。

ビデオで動いてるところを見てみよう。

今年2018年に発売されたテクニックモデル(42083)も、実物大ではないがかなり精巧なモデルである。

感想まとめ

この実物大モデルが今後どうなるのかは不明。今回はイタリアのF1イベントで公開されたとのことだから、F1に合わせて開催国を回ってもおもしろいと思う。そうすれば日本でも10月に見られるのだが。

2018年9月14日追記:実物大レゴ・ブガッティは年末までヨーロッパを周るらしい。デュッセルドルフ(9月20日~)、ミュンヘン(9月28日~)、パリ(9月30日~)、オランダ・ユトレヒト(10月18日~)、イギリス(10月30日~)、ドイツ・ヴォルフスブルク(11月11日~)。

しかしブガッティ・シロンの動く実物大モデルなんか作ったら、あとは実際に飛ばせるミレニアム・ファルコンを作るしかない!実物大はさすがに無理だろうがドローンの技術を使ってどうにか飛ばせる巨大モデルを作ってほしい。

て思ったら飛ぶのあった!というのはウソでこのファルコンはアームで上下している。GIFの最初に機体奥のアームがちょっと見える。

Cool Millennium Falcon at LegoLand from r/legostarwars

スポンサーリンク

この記事を評価する:
(1投票,平均値/最大値:5.00/5)
Loading...


あわせて読みたい

コメントを残す