レゴパワードアップでレゴ作品を動かそう(iOS/Android)

レゴパワードアップでレゴ作品を動かそう(iOS/Android)

レゴ・パワードアッププラットフォームが発表される

レゴパワードアッププラットフォーム/バットモービル

去年レゴブーストを発表したレゴがパワードアッププラットフォーム(Powered Up Platform)を発表した。電動化、プログラム可能、スマート機器対応のレゴ製品群の総称である。

パワードアッププラットフォーム対応製品としてまずレゴバットマンのアプリコントロール・バットモービルが発売される。タンブラーと思われる印象的なデザインだがユーザーはiOSもしくはAndroidのアプリを使ってこれを操縦できるのである。レゴバットマン・アプリコントロール・バットモービルは8月1日に99米ドルで発売される予定。

バットモービルアプリインターフェイス
バットマン/パワードアッププラットフォームアプリ

パワードアッププラットフォームの主要製品であるバットモービルはピース数が321で、モーター二つとバッテリーボックスが同梱されワイヤレスで自由にコントロールすることができる。

レゴパワードアッププラットフォーム/バットモービル

このプラットフォームはパッセンジャートレインとカーゴトレインといったリモコン付きの二つのレゴセットにも対応する。デュプロでもデュプロ蒸気機関車とデュプロ貨物列車がセンサー同梱で発売される。

将来的にはプログラミング対応のパワードアップ製品がもっとたくさん発売されるだろう。モーター、センサー、バッテリーが別売りのパワードアップ対応製品も発売される予定。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

ニュースカテゴリの最新記事