75955 レゴ ホグワーツ特急

75955 レゴ ホグワーツ特急

75955 ホグワーツ特急
アマゾン詳細ページ
このセットをみんなで評価!
(1投票,平均値/最大値:5.00/5)
Loading...
»コメント・レビューを書く
製品番号 75955
分類1 映画/アニメ
分類2 ハリーポッター
発売年 2018
発売時価格帯 5000円~1万円
ピース数 801
ミニフィグ 5
推奨対象年齢 8歳以上
組立説明書 1 (pdf)

完成イメージ

  • 75955 レゴ ホグワーツ特急
  • 75955 レゴ ホグワーツ特急
  • 75955 レゴ ホグワーツ特急
  • 75955 レゴ ホグワーツ特急
  • 75955 レゴ ホグワーツ特急
  • 75955 レゴ ホグワーツ特急
  • 75955 レゴ ホグワーツ特急
  • 75955 レゴ ホグワーツ特急
  • 75955 レゴ ホグワーツ特急

レゴセットレビュー(発売前の場合はプレビュー)

75955 The Hogwarts Express / $79.99

以前のハリーポッターシリーズでも製品化されたホグワーツ特急。アズカバンの囚人を基にしたセット。

ミニフィグとアクセサリー

ハリー・ポッター、ロン・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャー、リーマス・ルーピン、魔女のおばさんの五体とディメンターの上半身が付属。2018年シリーズから導入されたハーマイオニーの質感あふれる髪ピースが素晴らしい。
75955 レゴ ホグワーツ特急

ホグワーツ特急

ホグワーツ特急は機関車、テンダー(機関車の後ろの石炭と水の運搬車両)、客車の三つの車両で構成されている。
75955 レゴ ホグワーツ特急

赤と黒の車体はこれまで発売されたレゴのホグワーツ特急と同じだが映画に忠実な色の組み合わせなので変更なし。

外観デザインは前作の4841から大幅な変更はないが、先頭車両の車輪が大きくなってより機関車らしくなった。運転席には石炭を燃やす火室がある。先端に前輪の左右の動きを制限するロック機構があるので線路で使う時は四角いパーツを持ち上げてロックをはずす。
75955 レゴ ホグワーツ特急

テンダーにはヒンジ開閉式のフタがついていて中に石炭ではなく荷物を入れておける。
75955 レゴ ホグワーツ特急

客室は座席が四つ。天井と壁がまるごと外れるので遊ぶ時に楽。壁がはずれるのは他の列車セットでも積極的に採用すべき。屋根だけ取れるのと壁も取れるのとでは中を触る時の楽さが全然違う。

販売カートは壁が外れた状態じゃないと通路に収まらない。そしてハリーたち子供三人は足の動かない短足なので座席に座ることはできない。
75955 レゴ ホグワーツ特急

スポンサーリンク

キングクロス駅9と3/4プラットフォーム

ハリーたちが特急に乗車するキングクロス駅のプラットフォーム9と3/4。前作の4841ホグワーツ特急にはこのプラットフォームは含まれていなかった。

ちょっと変だと思うのはプラットフォームの番号表示の向きが線路に対して平行なこと。実際の電車のホームでは番号表示は線路に対して垂直になっててそのホームにいる人から見やすくなってるはず。
75955 レゴ ホグワーツ特急

なのにこの番号表示はホームに線路と平行だから反対側のホームにいる人からは見やすいが肝心の当該ホームにいる人は番号が見えない。番号表示の向きが変。
75955 レゴ ホグワーツ特急

プラットフォームには橋、時計、新聞スタンド、お尋ね者ポスターなどがあるが、一番ユニークなのは柱を通り抜ける仕掛け。

映画では柱に突っ込んでいったがここではほぼ壁である。壁がめくれ上がって通り抜けできるようになっている。
75955 レゴ ホグワーツ特急

感想まとめ

ホグワーツ特急も製品化されるごとに完成度が増している。列車以外の部分も前作はプラットフォームではなくフォードアングリアが付属だったが、列車セットとしてはプラットフォームの方が雰囲気が出て良いと思う。

正直なところ列車系セットは電動化した方が楽しさ倍増だから、ハリーポッターよりも列車そのものに興味がある人は、パワーファンクション同梱のシティの60197ハイスピード・トレイン60198貨物列車の方がおすすめ。

»ホグワーツ特急はトイザらス限定販売!

このセットの価格をチェック!
75955 ホグワーツ特急



あわせて読みたい

コメントを残す