60204 レゴ 病院(シティ)

60204 レゴ 病院(シティ)

60204 レゴ シティ 病院
アマゾン詳細ページ
このセットをみんなで評価!
(14投票,平均値/最大値:4.50/5)
Loading...
»コメント・レビューを書く
製品番号 60204
分類1 シティ/日常
分類2 消防
発売年 2018
発売時価格帯 5000円~1万円
ピース数 861
ミニフィグ 12
推奨対象年齢 6歳以上
組立説明書 1 2 3 4 5 6 (pdf)

完成イメージ

  • 60204 レゴ 病院(シティ)
  • 60204 レゴ 病院(シティ)
  • 60204 レゴ 病院(シティ)
  • 60204 レゴ 病院(シティ)
  • 60204 レゴ 病院(シティ)
  • 60204 レゴ 病院(シティ)
  • 60204 レゴ 病院(シティ)
  • 60204 レゴ 病院(シティ)

レゴセットレビュー(発売前の場合はプレビュー)

60204 Hospital / $99.99

レゴでは警察と消防セットは定期的に発売されるが病院セットは意外と珍しい。病院セットが前回発売されたのはおそらく2012年の4429ドクターヘリポート。前作はセット名の通りヘリポートだから病院建物だけに全力を注いだセットではなかった。今回もヘリコプターと救急車が付属しているが病院というセット名の通り病院建物に力を入れている。

60204 レゴ シティ 病院

ミニフィグとアクセサリー

医師三名、病院職員、救急隊員二名、母親、父親、患者三名の11体のミニフィグと骨格標本のガイコツ、赤ちゃんが付属。この規模のセットでこれほどミニフィグが入っていることは今までなかったと思うが今後の流行なのかも。
60204 レゴ シティ 病院

アクセサリー類は実際に病院にありそうなものがたくさん入っている。担架、乳母車、花、頭に巻く包帯、哺乳瓶、車輪付きベビーベッド、引き出し付き緊急ワゴン、はさみ、注射器、カップケーキ、ボトル、車椅子など。遊ぶときに使い勝手のいい小物類が勢ぞろいである。

乗り物

救急車
救急車は単体で製品化されたこともあるがこの救急車はそれよりも良い出来だと思う。先端の形からしてアメリカ型だが赤と白の配色は日本の救急車と同じである。青のマークはスター・オブ・ライフという日本を含む各国の救急車に描かれているアメリカ発祥のマークらしい。運転席はミニフィグ一体だけ乗せられる。

60204 レゴ シティ 病院

患者を収容する荷台部分だが背面のハッチは上方向にヒンジで開く。中には担架に乗せたままミニフィグを一体収容可。ミニフィグ一体分しかスペースがないので救急隊員が入る余地はなく点滴などの医療機器もない。ステッカーでも良いから医療機器が車内にあったらもっと現実的だったかも。

救急ヘリコプター
救急車に比べるとヘリコプターはあっさりしている。よくある透明青パーツのキャノピー(操縦席の窓)やソリ型着陸脚。色は救急車と同じ赤と白。

小型ヘリなので機体の中に物を入れるスペースがない。遊べる要素としては着陸脚のクリップに道具箱や担架をくっつけられる点。担架にミニフィグを乗せたまま飛ばせば患者を運べないこともない。

60204 レゴ シティ 病院

あと独立したヘリの着陸場所(ヘリパッド)がついている。レゴのヘリパッドは建物の屋上についてることが多いがこのセットのヘリパッドは独立しているので好きな場所に置くことができる。

スポンサーリンク

病院建物

病院は高さ26cmでそこそこの大きさ。色は救急車やヘリと同じ赤と白。周囲四面のうち主に二面が壁で二面が壁なし。シティの警察署や消防車などで良くある裏が完全に開いているタイプの建物に比べて開いてる部分が狭くちょっと中が触りにくいと思う。あとこの病院は室内のデザインに力を入れたために階段がない。

病院一階
建物入り口は透明青の引き戸で車椅子用のスロープ付き。横の柱には案内の絵記号と矢印があるのが本物っぽい。一階はロビーと売店。受付はないが患者が操作するコンピュータがあるのでこれが受け付けの代わりなのかも。売店ではカップケーキ、新聞、レゴが買える。救急車の発着所もある。

率直な感想だが一階は柱が邪魔で中に手が届きにくく遊ぶのに不便。この設計は改善の余地があるだろう(デザイナーもそう思ってるはず)。

60204 レゴ シティ 病院

病院二階
二階も建物を組み立てた状態では壁のないスペースが狭くて中に手が届きにくいので部屋を取り外して遊んだ方が良い。二階は眼科とレントゲン室。眼科は壁に子供用と大人用の視力検査表があるが子供用にはレゴのアクセサリーが描かれている。大人用は文字。レンズの機械もある。

60204 レゴ シティ 病院

同じ階にレントゲン室があるがここでは最近あまり見なくなっていたライトブロック(光るブロック)が使われている。レントゲンの撮影ではなく撮影したレントゲン写真を見ているという演出だと思う。なぜかというとミニフィグの体のパーツを写したスライドが三枚あってライトブロックの光でスライドを実際に壁に投影することができるのだ。

60204 レゴ シティ 病院

病院三階と屋根
三階は分娩室兼手術室でベッドが置かれている。ベビーベッドと小さいバルコニー(2スタッド幅)もある。照明は動かすことができる。ベッドには生体情報モニタが備えられ両脇には薬品ぽいボトルがある。壁には海の生物のイラストが描かれたステッカーを貼る。

60204 レゴ シティ 病院

屋根には黒いアンテナとエアコンの室外機らしき箱がある。ヘリパッドをここに置くことも可能。屋根は簡単に外れる。

病院は高さ26cm、幅21cm、奥行き14cm。

感想まとめ

この病院は立派な外観と細部に凝った室内のデザインが素晴らしい建物である。病室や受付カウンターもあれば尚良かったがそこまで作ったら価格が上がりすぎるだろう。

内部に手が届きにくい場所があるのが唯一の難点だが全体的には素晴らしい作品である。役割別のミニフィグも多数付属しているし内装も凝っている。遊んでも眺めても楽しめることは間違いない。警察署や消防署と違って病院セットはまたしばらく発売されないかもしれないのでシティファンなら持っておくべきである。

最後にひとつ個人的な希望だがこの手のセットには基礎板がついてた方が雰囲気出るし便利だと思う。前作4429は基礎板にベンチ、看板、植物が置いてあってちょっといい感じだった。でも最近は基礎板は自分で買ってアレンジしろということなのだろう。

このセットの価格をチェック!
60204 レゴ シティ 病院

LINEで送る
Pocket


あわせて読みたい

コメントを残す