75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)

75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)

75192 レゴ ミレニアム・ファルコン号(UCS)
アマゾン詳細ページ
このセットをみんなで評価!
(38投票,平均値/最大値:3.84/5)
Loading...
»レビューを書く
製品番号 75192
分類1 映画/アニメ
分類2 スターウォーズ
発売年 2017
発売時価格帯 3万円以上
ピース数 7541
ミニフィグ 7
推奨対象年齢 16歳以上
組立説明書 1 (pdf)

完成イメージ

  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)
  • 75192 レゴ ミレニアム・ファルコン(UCS)

レゴセットレビュー(発売前の場合はプレビュー)

75192 Millennium Falcon / $799.99

アルティメットコレクターシリーズ(UCS)のミレニアムファルコンが登場。ピース数は7541と歴代最多。発売時価格も約800ドルとこのレビューを書いている2018年5月現在でレゴ史上最も高額なセットである。

箱が大きくて袋も多い

箱も通常の薄いタイプではなく立方体に近い形をしている。箱の大きさは53cmx46cmx38cmで重量は15キロ近い。

ピースは17個の袋に分けられており各袋には400ピース以上が含まれている。単体で400ピースと言えば5000円前後のセットになるがそれを17個連続で作るぐらいの気力と体力が必要なのである。

ミレニアムファルコン機体

最初にフレームを作ってそれに肉付けしていく感じで組み立てを進める。上述の通り袋は全部で17個あり一袋に400ピース以上が入っている。一袋作るのに最低一時間はかかる。

今回の75192は2007年版の10179よりもピース数が2000以上多いがどちらも全長84cmと完成品の大きさはほぼ同じ。2017年版の75192の方が全体的に丸みを帯びている(10179は角ばってる感じ)。ピース数が増えた分機体表面の機械感など細部の表現力は前作より上がっているように見える。

完成品はかなりの重量がある。説明書の最後に書かれているが持ち上げる時は横ではなく下を持たなければ危険。大きいので他のスターウォーズセットのように片手で持って遊べる製品ではないが機体には細部にこだわったデザインの部屋がいくつかあり映画のシーンを再現して楽しむことはできる。

ファルコンの外側はゆるいパネルで覆われていて簡単に取り外すことができる。このパネルはテクニックピンで軽くはまっているだけでスタッドできっちりはめ込まれているわけではないので角度をつけて飾るのには向いてないかも。たとえば壁に垂直に飾るとか。

ミレニアムファルコンのアンテナはオリジナル三部作版の丸型とシーケル三部作版の長方形型を交換することができる。二股部分の先端のトラクタービームプロジェクターにも新版ではパーツを取り付ける。スペックプレートも付属(ステッカー)。

ミニフィグとアクセサリー

このセットにはミニフィグが7体あるが、それ以外にBB8、鳥系生物のポーグとマイノックのフィグも付属している。

7体のうち4体はオリジナル三部作のレイア、ハンソロ、チューバッカ、C3POで、3体はシーケル三部作のレイ、フィン、老ハンソロ。アクセサリーはブラスターやチューバッカのボウキャスター。

定価で9万円もするセットなんだからケチケチしないでルークとオビワンとランドもついでに入れとけよと思う。基本的に遊ぶ用ではなく観賞用の製品だからそこまで入れなくてもいいと判断されたのかも。

感想まとめ

7000ピースを超えるだけあって迫力は申し分ない。若いハンソロと老齢ハンソロのようにオリジナル三部作とシーケル三部作が混在している製品デザインもユニークである。全長80cm以上あるので事実上観賞専用モデルだろう。

スターウォーズ好きならミレニアムファルコンは最低でも一台は持っておきたいアイテムだろうから無理をしてでもこの最多ピースセットのファルコンを買うのもいいかもしれない。

レゴネットショップではこれを書いている2018年5月現在定価の800ドルで受注継続中だがなぜか日本には出荷してくれない。そのため日本国内で正規価格で欲しい人はクリックブリックなどのレゴ実店舗で販売されることを祈るしかない。

感想まとめ余談

最後にひとつ言いたいのだが最近大型セットが多すぎると思う。特にスターウォーズ関係。ファルコン以外にもYウィング、Xウィング、デススターなどがある。大きい分それ相応の価格になるからこの75192ミレニアムファルコンは正規価格が800ドル(9万円弱)もする。簡単に手を出せないよね。

このファルコンのデザイナーは自分が担当したこんな大きなセットが製品化して喜んでいるのだろうが、ミレニアムファルコンてデザインは昔の製品から流用できる部分も多いだろうしブロックはほぼグレー一色。それなのに800ドルってなんか儲け主義すぎて情熱が感じられない。800ドルのセットなんか作る意味ある?でかけりゃいいってもんじゃなくない?

どちらかというとレゴは昔から高級玩具だからいまさらこんなことを言ってもしょうがないのだが。最近の大型セットの中では70620ニンジャゴーシティはオリジナリティあふれるユニークな製品だと思う。

ショップ売り場へ行く




コメントを残す