70620 レゴ ニンジャゴーシティ

70620 レゴ ニンジャゴーシティ

70620 レゴ ニンジャゴーシティ
アマゾン詳細ページ
このセットをみんなで評価!
(58投票,平均値/最大値:3.43/5)
Loading...
»レビューを書く
製品番号 70620
分類1 レゴオリジナル
分類2 ニンジャゴー
発売年 2017
発売時価格帯 3万円以上
ピース数 4867
ミニフィグ 16
推奨対象年齢 16歳以上
組立説明書 1 2 3 (pdf)

完成イメージ

  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ
  • 70620 レゴ ニンジャゴーシティ

レゴセットレビュー(発売前の場合はプレビュー)

70620 NINJAGO City / $299.99

ニンジャゴームービーからの商品化。ピース数4867は歴代最多ピースセットランキング上位に食い込む多さ。これまで大型セットと言えばスターウォーズかクリエイターエキスパートがほとんどだったが、レゴオリジナルテーマであるニンジャゴーから大型セットが発売された。

ミニフィグとアクセサリー

公式では16体だがスウィープ(ロボット)と顔が印刷されていないマネキンミニフィグをカウントすると全部で19体が付属していることになる。ミニフィグ19体というのはもはやコレクタブルミニフィグの1シリーズ分に相当する数なのである。

含まれているのは、ジェイ、カイ、ロイド・ガーマドン、グリーンニンジャスーツ、ミサコ、ジャマナカイ・ビレッジャー、サリー、アイヴィ・ウォーカー、コンラッド、セベリン・ブラック、トミー、ガイ、ジュノ、マザードゥームズデイ、シャークアーミーガナー、オフィサーヌーナン。それからマネキン二体と保守ロボットのスウィープ。とにかくミニフィグが多い。

ニンジャゴーシティ建物

高さが63cmもありモジュラービルディングシリーズ最多ピースの10255にぎやかな街角(高さ35cm)と比べてもかなり大きい。

ニンジャゴーシリーズだけあって建物のデザインは従来のモジュラービルディング系とはまったく異なるアジア風。他のニンジャゴーセットにも言えることだが日本や中国が混ざった雰囲気。

一階「オールドシティ(Old City)」には橋、排水溝、半透明青ブロックの川、ミニフィグが乗れるスライド式エレベーター、伝統的な魚市場、ダイニングルーム、ベッドルーム、ソーラーパネル、サービスロボットステーション、タクシースタンドなどがある。水辺というのもこれまでのモジュラービルディングとの違いである。魚屋の屋根もアジア風でかっこいい。

二階「ストリート(The Street)」にはモダンなファッションストア、コミックブックストア、キャッシャーデスク、カニレストラン、キャッシュディスペンサーATM、映画ポスターなどがある。

三階「ハイライズ(The High Rise)」にはラジオ塔、モダンな回転寿司バー、バスルーム、フグとイカのオブジェ、ロイドとミサコの部屋、二段ベッド、キッチン、ニンジャスーツミニフィグのスペースなどがある。つまみを回すと回転寿司のベルトが動く。

感想まとめ

回転寿司やエレベーターなど遊べる要素もあり各階は簡単に取り外すことができるが、どちらかと言えば飾って圧倒的な大きさを楽しむのが良いと思う。

デザインを一言で言えば従来のクリエイターエキスパートモジュラービルディングシリーズとはまったく異なるアジア風。ブレードランナー風のサイバーパンクと言ってもいい。従来のモジュラーシリーズの若干退屈なデザインがあまり好みでなかった人やニンジャゴーに興味がなかった人でも楽しめるはず。

ショップ売り場へ行く




コメントを残す